冷間蝶ボルトP=3 組み込み品

冷間蝶ボルト(H)P=3
ウイングボルト、ちょうボルト、組込品

冷間蝶ボルト(H)P=3
冷間蝶ボルト(H)P=3
カタログダウンロード
はこちらから
冷間蝶ボルト(H)P=3

冷間蝶ボルト(H)P=3とは?

冷間蝶ボルト(H)P=3は、冷間蝶ボルト(H)にあらかじめばね座金と座金が組み込まれた製品です。

工数削減作業ミス軽減、トータルコストダウンにオススメです

従来数万ロットで製作し在庫していた企業様!トミタラシなら1個からご注文可能です!

お気軽にお問い合わせください。

蝶ボルトとは?

蝶ボルト(H)とは、つまみねじと呼ばれる分類で、工具が無くても手で簡単に締める事が可能なネジです。頻繁にねじを緩める必要がある、金具などの角度調整・パイプなどの高さ調整・固定などに良く用いられています。
主な使用例: 工作機械・農業機械・電動工具・照明器具・家電製品・その他

蝶ボルトの種類

冷間蝶ボルト1種 
 頭部の羽(つまみ部)が丸い半円形状をしている。冷間圧造にて製造
冷間蝶ボルト(R)
 頭部の羽(つまみ部)が角形状で、小型である。冷間圧造にて製造
冷間蝶ボルト(H)
 頭部の羽(つまみ部)が角形状で、大型である。冷間圧造にて製造
プレス蝶ボルト 
 頭部の羽(つまみ部)が板のプレス加工で製作されている。

冷間蝶ボルト 蝶ボルト 違いとは?

冷間蝶ボルトは、冷間圧造で製作された蝶ボルトで、強度がある程度必要な箇所に使用されます。

冷間圧造とは?

冷間圧造とはコイル状の素材を必要な長さに切断したあと、材料に熱を加えることなく常温の素材を「ヘッダー・ホーマー」と呼ばれる冷間圧造機で成形する加工方法です。
メリットとしては、切削していないため、その他の加工方法より材料(金属)のファイバーフローが残りやすいため、製品に強度があります。また、金型によって形状を成形するため、加工精度が高く、均一で安定した製品を製造できます。

プレス蝶ボルトは、鉄板をプレス加工することで製作された蝶ボルトで、冷間蝶ボルトより安価に入手できます。その代わりに、強度はあまり高くないです。

プレス加工とは?

プレス加工とは、加工物を加工機を使って金型に圧着(プレス)して希望の形に変形させる加工方法です。金型を一度よういすれば、大量生産が可能なため、製品価格も安価となります。

材質表面処理

鉄三価クロメート

SUS生地

図面規格型番

冷間蝶ボルト(H)P=3
M L 平ワッシャー スプリング
ワッシャー
D H
M6×P1.0
M6×P1.0
M8×P1.25
M8×P1.25
15
20
15
20
Φ13×1.0
Φ13×1.0
Φ18×1.6
Φ18×1.6
2号
2号
2号
2号
31±2.0
31±2.0
36±2.0
36±2.0
16±1.5
16±1.5
18±1.5
18±1.5
  型番 サイズ
鉄三価クロメート w01wingbt6-15
w01wingbt6-20
w01wingbt8-15
w01wingbt8-20
M6×15
M6×20
M8×15
M8×20
SUS生地 301wingbt6-15
301wingbt6-20
301wingbt8-15
301wingbt8-20
M6×15
M6×20
M8×15
M8×20

関連LINK

製品名別ラインナップ    

六角ボルト

座金組み込みボルト

フランジ付きボルト

マイナスボルトすりわり付き六角ボルト-ロボ

すりわり付き
六角ボルト

その他

スリムヘッド
六角ボルト
組込み品取扱いあり

コ型ボルト

Uボルト

フックボルト

フックボルト

溶融亜鉛めっきV字ボルト、ドブアングル用ボルト、ドブメッキVボルト、アングル抱きボルト、ドブメッキV型ボルト、アングル固定金具

Lアングル用
ボルト

 

足長Uボルト

足長Uボルト

アイボルトつりぼるとeyebolt吊环螺钉

アイボルト

チャンネルボルトチャンネル用ボルト

チャンネル
ボルト

デンデンボルト(蝶番ボルト・ロットボルト)

デンデンボルト

FRP GE絶縁六角ボルト

FRP樹脂六角ボルト

ロスナワッシャー絶縁ワッシャー

PTFEボルト用
絶縁スリーブ

Uボルト用プレート各種

Uボルト用(コの字ボルト)絶縁プレートPP絶縁機能をプラス

絶縁プレート

低頭六角ボルト

超低頭ボルト

L形アンカーボルト

L型アンカーボルト

ナット組み込み六角ボルト

冷間蝶ボルト(H)
P=3